「ほっ」と。キャンペーン

イギリスでの学校選び

我が家の長男Tすけは、去年の9月からpre-schoolに行っています。
ここは我が家から最も近い学校で、カトリック系であります。

旦那Cはクリスチャンで、私は仏教。
でも、二人とも神様を信じていたりはしません。

もし信じるものがあるとしたら、それは物に宿るスピリットぐらい?
なにかの縁があって自分のもとに来た物は大事にしよう、
役目を終えた物には「ありがとう」と言って処分しよう、という。

それってスピリットを信じてなくたっても、まともな人間の考えだと思うけど。

ということで、我が家の息子たちは洗礼は受けさせていません。
将来彼らが自分で決めたらいいと思っています。

というより

宗教なんて信じなくたって自分を信じて強く生きていけるような
そんなまともな人間に育てるつもり。

Read more....
[PR]
# by 5foot3inches | 2012-05-15 08:56 | 子育てのこと

もったいなくて使えないもの

今回の記事は
タイトルからして本当に下らない内容です

もったいなくて使えないもの その1


d0154130_542959.jpg

ジョンソンのベビー用クリーム

ドイツのもので、イギリスではみたことがありません

ぺっちゃんこの缶カンがカワイイ

しかもフタの裏に可愛い女の子のイラストが!

もったいなくて使えないもの その2

d0154130_5421325.jpg

オールスター

コンバースの工場で作られたスニーカーにはかかとのゴム部分に Made in USA と書かれています

現在は中国と(確か)インドネシアの工場で生産されているので、その表記はありません

律儀ですね

d0154130_542144.jpg


わたしのこのパープルのオールスターは90年代中期のデッドストックで、箱はないです。
けど、当時のタグがヨレヨレになりつつもなんとかぶら下がっています

d0154130_542156.jpg


現在履いているわたしの生成り色のオールスターハイカットも90年代のものなんですが、
数回履いていたらMade in USAなんて即消えてしまいます

パープルは意外と他の色と合わせやすく刺し色としても大活躍

なのに、このスニーカーときたら勿体無い神にとりつかれて
わたしによって4年以上も出しては仕舞われています

来年こそは....!

もったいなくて使えないもの その3

d0154130_5421688.jpg

ミントのシロップ

これでペリエミントを作るとうまーいんです

フランスに行った友達に買ってきてもらいました

こっちでは全然見かけないため、そう易々と開栓できません。
来年の夏、暑くなって開けて、十二分に楽しみます

もったいなくて使えないもの その4

d0154130_5421985.jpg

カーニバルっていうかぼちゃ

頂きもので食べ方も教えてもらったのに、色、形、大きさ、全てが可愛すぎて
包丁が入れられません






こんな調子で、他人からしたらなんでもない物が
わが家には家宝のように仕舞われています笑


年末の大掃除でこんなものがザクザク出てきそうです...
[PR]
# by 5foot3inches | 2011-11-25 04:59 | 生活のこと

アンティークの街 Lewes

d0154130_5511871.jpg


フィガロジャポンのイギリス特集でアンティークの街として取り上げられていた
East SussexにあるLewesに行ってきました

まずは、教会の中のアンティークフリーマーケット


d0154130_5512134.jpg

フランスのキッチン用品
値段はロンドンで見るものよりだいぶ良心的


d0154130_5512236.jpg

キッチン家具


d0154130_5512234.jpg

タイル
もしかして我が家のキッチンに使えるかなと思いしばらく見てました



d0154130_5512336.jpg

我が家もキッチンのワークトップの下に使うカゴに!と思いましたが
サイズがちょっと小さかったので見送りました


d0154130_5512423.jpg

赤xネイビーというわたしの大好きな色をしたホーロー鍋

d0154130_5512548.jpg



d0154130_5512689.jpg



d0154130_5512676.jpg



d0154130_551272.jpg

ずっとケーキスタンドを探していて、今日こそは見つかるかもしれない!
と密かにワクワクしていたのですが
この日みつけたのはこのシルバーの2段のものだけ。
プレートの3段が欲しいのです。
しばらくまたケーキスタンド巡礼します...

d0154130_5512826.jpg

二階へ上がる踊り場にヒノキグマが


d0154130_5512953.jpg

天井からぶら下がってるこのランプシェード、60年代物で確か25ポンドでした。
実はカーブートセールでおばあちゃんからこれにとても似たものを50pで買いました(・_・;

この日はガイフォークス・ナイトでLewesでも夕方から花火大会があり
どうやら街中は完全に交通止めになって
5時までに車を出さないと朝まで駐車場に閉じ込められる、とショップのおじさんに脅(?)され
さらに街は4時で閉店するお店はばかりで
かなり駆け足で見ることしかできませんでした

ハイストリートに出てみると
ほとんどのショップがガラスのウインドウを保護する板を張っていて
辺りは人の群れと沢山の警官

数ヶ月前のイギリス全土で起こった暴動の時みたいでちょっと物騒な雰囲気でした

それもそのはず

帰って知ったのですが
Lewesは過激なボンファイヤーで有名らしいです

一年で唯一荒い日に訪れてしまいました

しかも、まともに見たのは1番始めのフリーマーケットだけ

近々出直そう、ということで、
事が荒くなる前にソソクサとブライトンへ移動しました

ブライトンまで車で30分もかかりませんでした



d0154130_5512963.jpg




d0154130_641575.jpg

メリーポピンも逃げてますが
アンティークショップの並ぶCliff High Streetやそこから派生している小道はとっても可愛らしく
この日を除く残り364日はに行くには素敵な街です



d0154130_6122995.jpg


d0154130_6262982.jpg


Cliff High Streetにはおしゃれなカフェもたくさんありました
次来た時には行ってみようっと
[PR]
# by 5foot3inches | 2011-11-08 00:32 | 生活のこと

11.01.11に思うこと

今日は朝からヘルスビジターが来ました。

彼女はいっくんの体重を計り、
わたしに最近の調子はどう? 育児で気になる事はない?などと聞き
毎週水曜のベイビークリニックにもたまにはおいでね、と言って帰って行きました。

彼女から手渡された質問シートがあって

その内容は

「以前と同じように、物事を楽しみにして生活することはできますか?」

とか

「何かうまくいかないことがあったら、自分を必要以上に責めたりしますか?」

とか

「どうしようもないほど気分が落ち込んだり、涙ぐんでしまう事があったりしますか?」

とか

つまり母親が育児にやられてしまっていないかを探るもので
わたしは思わず「落ち込んでる時間なんてないよー」と言って
ヘルスビジターを笑わせてしまった。

確かに。
常にわたしの前にはやらなくてはいけないことが山積みで
落ち込んでる暇なんかあったら、バスルームの壁に張る木材(cladding)のペイントでもするな。


と、

そんなことを思って、はっとしました。


わたしときたら、
なんて実用的で、みすぼらしい物事の見方をするようになってしまったんだろう...!


わたしたちの2011年は、新年早々引っ越し、住みながら全て自分たちの手で改築をし、
夏には次男が生まれ、秋から長男は学校に行き始めた。
その間に日本にも帰ったし、日本から家族も来た。

これだけ書いたら
なんて充実した1年だったんでしょ!なんて
と本人のわたしも思いますが

11月1日の今日、思い返してみるとそうでもないんです。

あれだけあせくせ暇もなく働いて来たのに
充実感が、ない。

それも、そのはず。
楽しみやリラックスのためにだけに使う
「暇」がなかったんですから...。


「暇」をもてあそぶ、って言葉通りに暇をつぶすだけかと思いきや
実は精神の充実だったりするんです。

けど

目の前の義務だけに気を取られて
ある意味「無駄」な時間を持つ余裕がなかったのです。


2011年のメンタル・ライフの向上を図るべく、
残りの2ヶ月弱、ちゃんとしっかり無駄な時間を作ろう。

何気ない会話をいっぱいして、ぶらぶらとあてもなく散歩をして
持って帰ったって仕方ないどんぐりを、T助とたくさん拾おう。
[PR]
# by 5foot3inches | 2011-11-01 19:24 | 生活のこと

わたしとMac

10月5日、アップル創業者スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。

日が経つにつれてその喪失感が大きくなるので
ちょっと文にしてみようかと思い立ちました。


大学生になって初めて買ったPC。
中古でたしか23万くらい。
それが、マッキントッシュ。
それ以来、使い続けてきたマックのマシーンは今4代目に。

仕事柄で、ということも大きかったけど
デザイン性の高さ、美しさ、楽しさ、愛嬌
使用しているだけでAppleの哲学に触れている感覚が好きで
Apple以外の製品を使おうと思ったことは一度もない。

一度、とある出版社で働いていた時にWindowsをあてがわれた時は
気が合い頼りになる同僚から離れて、別の部署で働かなくてはならなくなったような
不便さと、なによりも心細さを感じたものでした。

OS8からしかマックを使ったことないわたしだけど
OSXに乗り換えた時の感覚は忘れられないなぁ。
自分のマシンが勝手に世界と手を繋いで
ソフトのアップデートを行ったりして。

コンピュータってこういうものだったんだ、と
未来の中に自分が居るようで興奮したのを覚えています。

夢がどこまでもありました。



1997年、わたしは大学1年生

2ヶ月という長い夏休みをもてあそんでいた時にテレビで見た
Apple社のTVコマーシャル

“Think different”

知っていますか?

“Think different”はアップルの宣言
[PR]
# by 5foot3inches | 2011-10-25 07:12 | 生活のこと


長い雨期を終えて、ようやく夏!暑けりゃ暑いでけっこう辛い...


by 5foot3inches

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
生活のこと
音楽のこと
子育てのこと
家事のこと
プロフィール
未分類

以前の記事

2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月

タグ

(11)
(7)
(7)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

人気ジャンル

最新の記事

イギリスでの学校選び
at 2012-05-15 08:56
もったいなくて使えないもの
at 2011-11-25 04:59
アンティークの街 Lewes
at 2011-11-08 00:32
11.01.11に思うこと
at 2011-11-01 19:24
わたしとMac
at 2011-10-25 07:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧